実は知られていない?看護師の多様な働き方

ツアーナースとして院外をメインに仕事をする選択肢もある

メニュー

ツアーに同行し活躍するツアーナースの働き方

ツアーに同行し活躍するツアーナースの働き方

ツアーナースとは、旅行に添乗して参加者の体調管理などを行う看護師です。また事前に考えられる危険を予測して予防することも大事な仕事になります。旅行に参加した人が無事にケガや体調を崩すことなく楽しめるようサポートを行い、良い思い出を作ることがやりがいともいえるのがツアーナースです。そんなツアーナースの仕事や役割について紹介していきます。

ツアーナースとは

ツアーナースとは

ツアーナースは名前の通り旅行に添乗して参加者の健康管理やケガ、病気の対応をすることが仕事の看護師です。旅行中は普段とは環境の違う場所にいるため、旅行中に体調を崩すということは珍しくありません。日本国内での旅行でも旅行中に体調を崩した経験がある人も多いと思いますが、海外旅行であれば特に気候や食事などが大きく変わるため体調を崩すことが多くなります。
こうした中で活躍することになるのがツアーナースであり、近年では高齢者の旅行や介護を必要とする人の旅行に添乗するケースも多くあります。また団体での旅行に限らず、個人旅行でも健康状態を観察しながら旅行スケジュールの提案や旅行の日程管理といった役割も持っています。

仕事内容

仕事内容

旅行に添乗して仕事を行うツアーナースですが、実際に学校行事を例にしてツアーナースの仕事内容を見ていきます。
まずは打ち合わせから始まります。旅行中の対応だけが仕事ではありません。出発前に旅行を主催している学校側と打ち合わせをして持病がある人の存在や参加者の健康状態に関すること、そして事前に持っておくべき薬の用意をしておきます。そして現地に集合すれば現地にて実際に参加者である生徒や児童たちの健康状態を把握したりすることも仕事の一つです。
また最近ではアレルギーやぜんそくといった健康面での配慮を必要とする人も増えてきています。そのため常に同行する責任者の先生と連絡や確認ができるようにしておくことも必要です。また児童ではまだ自分の症状をしっかりと把握できていないことや、説明することができない状態も考えられるため、旅行中には状態をしっかり観察して症状を見極める必要もあります。
野外活動などの時間では安全面に気を配って事前に体調を崩すことを予防するのも仕事です。例えば夏場であれば熱中症や活動中のケガなどに対してあらかじめ対応をしておきます。またケガをしてしまった場合、医師から助言がすぐに受けられるわけではありませんので、看護師としての知識や経験から適切な対応を行っていきます。

看護師の多様な働き方を知りたい方におすすめ!