実は知られていない?看護師の多様な働き方

エスコートナースは将来性のある仕事

メニュー

まだまだ求人が少ない反面将来性が高いエスコートナース

まだまだ求人が少ない反面将来性が高いエスコートナース

エスコートナースはまだまだ耳慣れない職業であるのが日本の現状です。しかし海外ではエスコートナースは活躍の場が多く、珍しい仕事ということはありません。これから需要が増えていくことが予想されるエスコートナースについてメリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

エスコートナースのメリット

エスコートナースのメリット

日本は外国に比べると海外旅行や海外で仕事をすることが少なかったため、エスコートナースという職業を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。しかし現在は海外で働く人や海外旅行を楽しむ人が増えていることもあり、今後は徐々に需要が増えていくことが予想されています。そのためもっとエスコートナースの数が求められる社会となってくることになりますので、将来性があるという点はエスコートナースのメリットと言えます。
そして給料の面でも看護師の中ではとても高く設定されていることが多いです。勤務先としては病院だけではなく、企業から募集されることも多くエスコートナースとして登録することがあります。そして具体的な年収としては700万円ほどになるため、一般の看護師の年収よりも高い点でメリットとなります。

エスコートナースのデメリット

エスコートナースのデメリット

エスコートナースは一方でこれからの仕事ということもあり、現在はあまり求人が多くないことはデメリットとなります。エスコートナースの求人を見つけられることもありますが、いつ募集が出るかもわかないということや、倍率が高くなってしまうということもありエスコートナースとして働くことが難しいと言えます。
エスコートナースという仕事自体に関するデメリットではありませんが、高い英語のスキルが必要となるという点で就業するハードルが高いという面があります。海外の病院まで患者を送り届けることもありますし、現地の人たちと接することが多くありますので英語は必須のスキルです。TOEICであれば700点以上が取れるほどの英語能力が求められます。またこうした純粋な英語のスキルに加えて、専門的な医学用語も英語で理解して伝えることができるスキルも求められます。
そしてあくまで看護師であるため、搬送中の看護業務をきっちりとできなければなりません。搬送中の患者の容体が急変することもありますので、こうした場面で柔軟に対応することができる経験と知識を持っている必要があります。医療機関とは環境がまるで違うフライト中の機内という限られた医療設備の中で最も適切な処置を判断して対応していく能力も必要になります。

看護師の多様な働き方を知りたい方におすすめ!