実は知られていない?看護師の多様な働き方

エスコートナースの仕事に求められることは語学力

メニュー

語学力が求められるエスコートナース

語学力が求められるエスコートナース

エスコートナースは少し他の看護師と異なるスキルが求められます。エスコートナースはその仕事の特徴として日本にいない患者の搬送に付き添うことになるため、語学力などのエスコートナースならではの求められるスキルがあります。

臨床看護師としてのスキル

臨床看護師としてのスキル

エスコートナースとして活躍することを考えると、まず看護師として臨床経験が求められます。患者の詳細な情報は直前にならなければわかりませんし、骨折などのケガから脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気の可能性もあります。また、患者によっては持病を抱えている人も少なからずいますので、その持病によってケアの仕方が変わってくるなど、臨床経験が重要となります。
エスコートナースは基本的に看護師1人で仕事をすることになるため、院内と違ってすぐに医師に指示を仰ぐことができません。そのため自分の経験や持っている知識による対応が求められます。患者の容体が急変した場合などは自分ですべての判断をする必要があります。 このようにエスコートナースに求められることに、前提として臨床経験が豊富にあり、専門的知識もしっかりと持っている臨床看護師としてのスキルがあります。エスコートナースとして求められることには、まずは前提として看護のスキルがしっかり土台としてあることが求められます。では看護のスキル以外に求められるスキルはどのようなものがあるのでしょうか。

看護以外のスキル

看護以外のスキル<

エスコートナースは海外の旅行者や在住者の病気やケガを理由に帰国を希望している人に付き添うことが仕事です。そのため現地の医療スタッフや救急隊員や空港職員とコミュニケーションを取る際には日本語が通用しないことがほとんどです。また、会社からの指示書やマニュアルが渡される際もすべて英語で書かれています。そのため英語は必須であり、他の言語もある程度話せると良いので語学力が求められます。
そしてさらに、飛行機で長時間移動をすることになりますので体力的な面も必要とされます。長時間飛行機に乗っているだけでも疲労が蓄積されることになりますし、さらに患者を搬送している最中は睡眠時間もほとんどないことがあります。こうした疲れが普段の看護よりも大きい中でしっかりと働ける体力は必要不可欠です。

エスコートナースになるためには、第一に”看護師であること”。第二に”現場の経験を積んでいること”。この2つをベースとして、「語学力」と「体力」が求められます。

引用元:ナースときどき女子

ナースときどき女子は看護師のための情報メディアで、仕事のことはもちろん恋愛や美容など看護師にとってとても役立つ情報が毎日配信されています。

ナースときどき女子

このようにエスコートナースになるためにはまず看護のスキルを前提として語学力と体力の2つが上乗せで求められます。

看護師の多様な働き方を知りたい方におすすめ!